三千院/木村大

こんにちは、あかりです。

今回ご紹介する木村大さんの“三千院”は、葉加瀬太郎さんの“ ライブ・イマージュ”でも演奏されてご存知の方も多いと思います。

アンドリュー・ヨークさんが京都大原にある三千院を訪れた際にインスパイアされて書いたギター二重奏の曲で、CDではヨークさんと木村大さんがデュオで演奏されてます。

 

この木村大くん、なんと!5歳よりギターを始めたそうです!

・・・っていう私もギターは7歳くらいに始めました。
かれこれ30数年前なので練習曲は“禁じられた遊び” 。

思うように指が動かず・・・押さえられず・・・。たった一曲で儚い私のギター人生は終わりましたが・・・(笑)

しかし、こちらの大君は途中で飽きることなく脱線せずに突き進んだのですね!
なんと!14歳ではギターのコンクールでは世界最高水準と言われる第39回東京国際ギターコンクールで優勝してるというすごい経歴です。

同じくアンドリュー・ヨークさん作曲の“ムーンタン”では、カッコイイテクニックも披露しています。

今日ご紹介の“三千院”では、そんな激しいテクニックは見えませんが、坦々と繰り返す静かな旋律がとっても素敵なんですよ。

明日は木村大“ムーンタン”をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました